公益財団法人 仁泉会 北福島医療センター

  1. トップページ
  2. 医療療養病棟について

入院・お見舞いhospitalization visit

医療療養病棟について

医療療養病棟のはたらき

長期間の療養を目的とした病棟

「医療療養病棟」は、療養専用の病棟です。急性期の治療を終えても、医療の必要度が高い患者様でありながら病状が慢性期(病状が安定している時期)の方を対象に、医療ケアやリハビリテーションを提供いたします。

医療療養病棟の特徴

  • 医療療養病棟は医療保険が適用されます。

  • 長期入院が可能です。付き添いの必要はありません。

  • リハビリ医療サービスの提供。拘縮予防など身体の状態を保ちます。

  • 寝たきりの方、ADL介助の方も受け入れ可能です。

  • 看取りやターミナルケアに対応しています。DNAR(二次心肺蘇生措置を行わない)をご承諾いただいております。

医師・看護師・介護士が24時間365日対応します

利用対象者

病状が安定した慢性期の患者様

2006年から導入された医療区分にもとづき、医療療養病棟では医療区分2・3の人を優先的に受け入れています。

  • 医療区分3

    • 医師及び看護師により、常時監視・管理を実施している状態(状態により医療区分2に分類)
    • 中心静脈栄養(消化管からの栄養摂取ができない場合:初めの7日間)
  • 医療区分2

    • 気管切開又は気管内挿管が行われている
    • 酸素療法を実施している(上限3ℓ/分)
    • 糖尿病で頻回な血糖検査を必要としている
    • パーキンソン病関連疾患がある(症候群は不可)
    • 難病の指定を受けている
    • 脊髄損傷がある
    • 疼痛コントロールが必要な悪性腫瘍がある(要相談)
    • 褥瘡(床ずれ)の処置が必要である
    • 1日8回以上の喀痰吸引を実施している
    • 肺炎又は尿路感染症の治療を実施している(要相談)
  • 医療区分1

    • 医療区分2、3に該当しない人

一般病棟と療養病棟の違い

  • 一般病棟

    今必要な治療を提供する病棟
    治療のステージ
    • 急性期
    • 病気になり始めた時期
    設備・機器
    • 多くの機器や設備を導入
    • 検査室・手術室も充実
    入院期間の目安
    • 基本的に2週間、長くて1ヵ月
  • 療養病棟

    療養生活を支援する病棟
    治療のステージ
    • 慢性期
    • 病状が安定している時期
    設備・機器
    • 療養に必要な設備・機器のみ導入
    入院期間の目安
    • 当院では期間は特に設けていませんが、病状回復の様子を見て、退院をお勧めすることがあります。

ご相談から入院までの流れ

  • お電話でお問い合わせの上、お申し込みください

  • 以下の書類を地域医療連携室までお送りください

    • 診療情報提供書
    • 検査データ
    • リハビリ計画書等
    • 医療療養病棟ADL票(以下よりダウンロードして使用できます。)
    • 医療療養区分チェック表(以下よりダウンロードして使用できます。)
  • 院内で入院判定会を行い、必要があれば実態調査に伺います

  • 1週間〜10日程度で入院の判定結果をお知らせいたします

  • 入院が決定した場合、入院の日時調整をします

  • ご家族と面談し、医療療養病棟のご案内・説明をいたします

  • 入院当日の患者様の送迎をお願いしております

新病院だより看護部採用情報

関連施設related facilities

PAGE TOP