臨床工学科

 臨床工学技士とは、1987年に出来た医療業界では比較的新しい国家資格で、一般的には人工透析や人工心肺、人工呼吸器などの生命維持管理装置を取り扱うことを目的として出来た医療従事者です。

 私達、北福島医療センター臨床工学科は現在2名で業務に当たっており、院内では臨床工学技士の英語訳・Medical Engineer(メディカル エンジニア)の頭文字を取り ME(エムイー)と呼ばれています。

 主な業務として院内、医療機器の保守・点検をメインとしており、点滴で使用する輸液ポンプ・シリンジポンプや、呼吸不全で使用する人工呼吸器、最近様々な施設にも設置されているAEDなども含む心肺蘇生で使用する除細動器、生体情報を監視する生体監視モニターなどたくさんの医療機器を取り扱っており、定期的にメンテナンスを行っています。また、胃カメラ等の内視鏡の管理、手術で使用する麻酔器や各手術機器の保守管理・操作等も行うなど、院内各部署、至る場所に顔を出し業務を行っています。このような事から、24時間365日拘束体制をとり、緊急発生する人工呼吸器使用や緊急人工透析・医療機器のトラブルなどに対応しています。

 また、看護師などへ医療機器の取り扱いの勉強会・講習会等も多く行うことで、院内医療安全レベルの向上を計り、日々使用される患者様の安全を担っています。

 年々、医療技術の高度化が進み、使用される医療機器も多種多様化しています。それに伴い臨床工学技士に求められているスキルも高く、難しくなっています。私たち北福島医療センター臨床工学技士はあまり患者様の前に立つことはあまりないかもしれませんが、なにか医療機器について分からない事、疑問点がありましたら、気軽に声をかけてください。

工学写真