あゆみ病棟

「あゆみ」には、
患者様と、そのご家族とともに歩む
チーム、地域と連携をとりながら歩む
これからの生活を患者様ご自身の足で歩んでいく

  …という意味がこめられています。

あゆみ病棟は回復期リハビリテーションを必要とする患者様を担当しています。日常生活活動(ADL)の向上、寝たきり防止、家庭復帰を支援します。
医師・看護師・看護補助者・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・栄養士・ソーシャルワーカー等と患者様・ご家族と検討し、目標を立ててリハビリテーションを実施しています。

回復期リハビリテーション病棟の特徴は?

  1. 家庭復帰、社会復帰を目指したリハビリテーションを医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、看護補助者、ソーシャルワーカーなどが共同して行います。
  2. リハビリ室のみならず病室、病棟、病院周辺で日常生活動作の訓練を行います。また、訓練と同時に退院に向けての準備・相談・家屋調査・介護指導なども行っています。
  3. 患者様一人ひとりの状況に応じたリハビリ評価会議
  4. 日常生活動作改善を目指した早期リハビリテーションの実施(365日)
  5. 病棟でも看護師、看護補助者が食事の訓練、更衣訓練、入浴訓練(体洗いや浴槽の出入りの訓練)、歩行訓練などを行っています。

回復期とは?

回復期とは、脳血管障害や骨折の手術や急性期の治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後のことをいいます。この回復期といわれるこの時期に集中的なリハビリテーション訓練を行うことが最も効果的です。

主な疾患

脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、クモ膜下出血シャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等 (いずれも発症 又は 手術後)、義肢装着訓練を要する状態

高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷・頭部外傷を含む多部位外傷の発症後または手術後

大腿骨・骨盤・脊椎・股関節若しくは膝関節 又は2肢以上の多発骨折(同時発症)発症 又は 手術後(2肢以上の骨折は四肢のうち2肢以上であれば可。同一肢は不可)

外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており (手術後または発症後)

大腿骨・骨盤・脊椎・股関節又は膝関節の 神経、筋又は靭帯損傷後